記事一覧

積ガンプラ殲滅ウィーク その2

ファイル 177-1.jpg

今週末もたまたま休み、しかしこの時期はあまり外に出たくないし家でのんびりするのもいいかと、コタツに入り積ガンプラの中から2つほど作ってみました。

前回からの引き続きでストックの中から古いもの順で、HGVer.G30th RX-78-2 GUNDAM Ver.G30thとHGUC RGM-89S STARK JEGANです。


HGVer.G30th GUNDAM
まだ記憶にも鮮烈に焼きついているあの“お台場ガンダム”の1/144モデル。
移設された静岡ではビームサーベルこそ装備したものの、お台場では丸腰だったのがフル装備状態でキット化。ガンダム・ハンマーまで付いてます。
デザイン的にはHGUCの足ゴツよりもスマートでカッコいいです。もとのアニメの劇中イメージからしたら若干かけ離れてますが、近年のゲーム作品等に出てくるイメージのイイトコ取りの集大成みたいなデザインという感じかな。
プロポーションは上記の通り好みなので好きです。が、しかし、肩関節の本体への接続法がなんかちょっと見栄えがしないというか…。まぁわがままの範疇ですね。


HGUC104・STARK JEGAN
HGUC097・JEGANの単なるバリエーションキットと思ってたら本体部分も結構色々変わってるのね。実は頭部パーツもかなり新規パーツになっててちょっとびっくり。
こういった追加パーツ増設型な機体は大好物なので、完成したのを見てるとつい、3機ほど並べたくなります。
このキットでも主役機以外のフロントスカート有の機体ではお約束の加工、「フロントスカートの軸をセンターでカット」は行っております。
欲を言えば折角バズーカとビームライフルそれぞれ付いてるんだからグリップ握る左手も付けて欲しかった。あるいはキット独自設定になっちゃうけどビームライフル用かバズーカ用のマウントラッチを付けるか。
キット本体は非常にいい出来なので、そういったプレイバリュー的な部分もちょっと考慮していただきたいところ。
もっとも、そのへんはロボ魂で!ということなんでしょうか。


今回はこんな感じで。
しかし、まだまだ積ガンプラは7~8個あるし、ちょっと先だけど6月には待望のジムキャノンIIが初キット化される(プラキットでは初だよね?)というので、まぁ無くなる事はないかもですけどね。

積ガンプラ殲滅ウィーク

ファイル 176-1.jpg

今週末、思い立って…というか急にムラムラとプラモ作りたくなってきたので、積ガンプラの中から3つほど作ってみました。

最近はもっぱらHGUCばかり買ってるわけですが、手元にある中でそのNoの小さいものから手をつけ、日付変わって日曜の未明にかけて、この3機がロールアウトしました。
そんなわけで、プチ・インプレッション(?)!


097・ジェガン
旧1/144キットも割かしいい出来だったのですが、更に進化してますね。主に可動の追加とかパネルラインに忠実なパーツ分割とか。気になるパーツの合わせ目が量産型機レベルでここまで少なく処理されてるのは結構感動。
惜しいのは肩とかの小さなバーニアも別パーツで色替え出来てればなぁ、というところ。
そこまで言うと贅沢だとは思いますが。
左手だけでいいので、表情のある手のパーツを着けてほしかったです。


098・フルアーマーガンダム7号機
ゲームオリジナル機ですが、このスタイルにはついにお目にかかりませんでした。
7号機自体もイベントで強制機乗ミッション以外使ってなかった気が。
キットの方は良くも悪くも、よく出来た俺ガンといった風情。いや、結構かっこよくて好きですよ。
ヘルメットの一体成型とかかなり気が狂ってます(ほめ言葉)、でも色分けをシールに頼った部分がガンダムタイプにしてはちょっと多いかな?というのと、肉抜き穴がかっこ悪いところがマイナス。

103・リゼル
ガンダムUCからの機体。可変型ジェガンといわれてたりしますが、結構好きです。でも、ちょっとカッコ良過ぎな気もしますが。
0083でのジム・カスタム的なポジション?
変形は差し替えで思い切った分プロポーションは良好。出来に関しては特に文句はないですね。
元のデザインの問題といえばそうなんだけど、ビームライフル長過ぎじゃね?
ちなみに、このリゼルとガンダム7号機はフロントスカートのパーツ、股間の褌で軸をホールドしてますが、この軸を中心でカットし、左右独立して可動出来る様にしました。これだけの作業で立ちポーズでも結構表情が出てくるのでお奨め。

そういえば、パチ組みとは言えこれだけ短期間に集中して3つも作った事は初めてですねw

でも、まだまだ積ガンプラはあります。(現時点で9個ほど)
おそらくコンスタントに作らないとまた増えていくんだろうーなぁ。
でも、作るのが義務化するとつまらないので、これからも気が向いたときに作っていこうと思います。

[神姫]それは私のお稲荷さんだ(違)

ファイル 174-1.jpg

久々にお迎えした神姫です。

もうとっくにリリースされていたんですけどねw

今日町田ヨドに寄ってみたらアテが外れて買うものがない!という状況に…駐車料金だけ払うのが勿体無いので、何か買うことに。(この時点で向こうの思う壺ですw)

で、買ったものの中のひとつがこの娘です。

何このおでこ! むっちゃ可愛いじゃないかっ!!

片割れの犬っ子も悪くなかったんで最初迷いましたが、こっちは微笑み顔パーツがあったんでこっちに決めました。
個人的には笑顔・微笑顔パーツがあるほうが特にこういったロリ系神姫にはうれしいです。


もっともこの娘ともう一点、全部貯まってたポイントで買ったので懐は痛みませんでしたが。

M4にマグプル

ファイル 139-1.jpg

ご多分に漏れずM4を買ったら付けたいのがMAGPULのアクセサリ。
先日、MAGPULのアングルド・フォアグリップを買ってきました。
見栄えも実用性もぐっとよくなります。もっとも、トイガンで実用性ってどうなのよとか言わないのw

今回取り付けたのはハンドガードのレイルに付けたオリーブ色の奴。
デフォで付いていたバーチカル・ショートのフォアグリップはイマイチ取り回ししにくいし、たぶん森の中やブッシュの中などではいろんなものに引っかかりやすいかな、と。
それと見た目的にもちょっと好みではなかったので、これに付け替えたかったのです。
簡単に言えば、こっちの方がカッコイイ!!

このデサインだと実際に持ってみるとかなり構えやすいです。
フォアグリップから一端手を放した状態から再度射撃位置で保持する場合、バーチカルタイプだと手探りで位置を確認→保持という動作になりますが、このアングルドタイプだと手探りで位置を確認即保持が可能です。
ゲームなどの実践ではより有利といえるかも。

…あー!ゲームしたいなぁー!!

もとは本体と同色の黒が欲しかったのですが、TamTamで在庫されてたのがこのオリーブだけ、ちょっと悩んだんですが、アクセントにもなって良いかな、と。
値段的にもガンショップ・ファーストの通販価格と大差なかったし、送料と到着までの時間を考えれば悩むことはないなということで決めました。

この手のGUN用のアフターパーツって、特にトイガン用で企画されているものは実際手にとって見ると、デザインとか仕上がりとかイマイチだったり、その上大量生産というほど作らないから割高だったりするものが時々ありますが、MAGPULはもともと実銃用のパーツとして製造販売しているので、モノの出来といった面ではそれらに比べれば非常に完成度も仕上がりも良いです。
満足度の高い一品です。

あとはフラッシュハイダーを変えたいかなぁ?M16A2デフォのバードケージタイプか、最近よく見る先端部がギザギザっている奴かに。


と、世間の動向とかと関係なくオチもなく終わる。

次世代

ファイル 137-1.jpgファイル 137-2.jpg

どう見ても衝動買いです(ry

東京マルイ 次世代電動ガン CQB-R
去年末から順次リリースされたマルイ次世代電動ガンシリーズの1丁。
一応簡単な解説、というほどでもないですが、一般的には“M-16”として有名なアサルトライフルの現行モデルM4A1カービンをベースに主に特殊部隊向けにバレル長を14.5→10.3インチに短縮し、各種光学機器などオプション搭載の為のR.A.S(レイル・システム)を装備されたもの。ぐらいに思ってもらえればいいでしょうか。

今電動ガンを買うには「どうしてもこのモデル!」というのでもなければ次世代シリーズかハイサイクルシリーズかという選択肢になってくるわけです。
簡単に言うと、金属製レシーバー(本体)で凝ったギミックを売りにしたモデルか、従来からの仕様をほぼ受け継ぎ電動ガンの基本性能である連射性能を強化(ハイサイクル化)したモデル。
次世代シリーズは前者にあたり、実物に迫る外観・質感、重量感、射撃時の反動、実銃同様弾切れ時には動作が完全に止まる仕組みなどを搭載し、ハンドガード、レシーバー上には実物で使用できるオプション機器を装備可能(これはハイサイクルでもレイル付なら同様だけど)とこんな感じ。
これはコレクションとしてのトイガンとしては現状これ以上のものはないって言うレベルでしょう。
一方、ハイサイクルはサバイバル・ゲームで使う為のいわば実践向きの内容。次世代は金属性レシーバーを使っていることからも重く、ゲームで使うには傷による塗装のハゲとかやっぱり気になっちゃうのが人情。まぁ、一回キズ着いちゃえば後はなし崩し…ですがw

まぁそんなこんなで最近はゲームに出る機会もめっきりなくなったので、むしろ次世代シリーズの方がいいなぁ、と。
で、基本室内での使用がメインという事もあり、バレルが短いし、ぱっと見で一番スタイリング的に気に入ったのがCQB-Rだったわけです。

届いて先ずは持って構えていじくってみました。
重い!カッコイイ!いままで買ったモデルは全部樹脂のレシーバーだったので、その感触というのはかなり違いがあり、なかなか満足感高いです。
すぐに試射したいところですが、開封後即充電開始したとは言えバッテリーの準備がまだなので、一端仮眠。
マルイ純正専用充電器では満充電されるまで6~7時間程かかるので一寝入りして深夜から明け方に試射する方が好都合。

んで、試射しての感想ですが、射撃音がでかい!リコイル・ショックがでかい!
旧来のモデルではさしてリコイル・ショックもなく、射撃音よりモーターの駆動音のほうが大きくいかにも“電気仕掛けのオモチャ”の風情だったんですが、それに比べれば“よりそれっぽい感じ”がします。
正直、静まり返った深夜~早朝に撃つには少々うるさ過ぎるぐらい。
弾道が目視できるようになってきたので、ホップの調整もしてみる。現状箱出しドノーマルの状態ながら、かなりの距離に有効な射撃が出来そうな感触。
いじらなくてもこれだけ飛べば、実戦で負けが込まなければ満足なレベルw

今回衝動的にポチッてしまいましたが、届いたものは予想以上の満足感でした。
こんなものを手にしてしまうとついつい、またゲームに出たいなぁなどと思ってしまいますが、とりあえずは妄想だけにしておきます。

ページ移動