記事一覧

林道deキャンプ!・2014

ファイル 320-1.jpgファイル 320-2.jpgファイル 320-3.jpgファイル 320-4.jpg

すでにずいぶんと昔の事のようですが…

今年も5月24日から25日まで一泊二日で御岳山養沢の御岳林道の某所にて野営して来ました、今回は天上さんが当地の野営キャンプ初参加です!

ここでのキャンプ、ソロでは初回はVOX、2回目はWR250Rできましたが、今回は2人でキャンプということで、EKカスタムでやってきました。

車で来るとバイクでは積載できない装備が積めるので快適ですね。必要な装備から、あると快適なグッズまで色々積載してやってきました。

午前中にうちに集合ということで、車1台に人も荷物も詰め込んでいざ出発!
車だと一通り必要と思われる道具がほとんど詰めるので便利この上ないですね。それと今回は庭木の枝打ちなどで出た木の枝を乾燥させてある程度の長さに切りそろえておいた薪も持っていくことに。
焚き木はキャンプの花ですので。

結構速い出発で、現地付近にも早めに到着しました。武蔵五日市駅近所の地元のスーパーで食材・酒他飲み物を購入。

現地に着いて一通り設営を終えてもまだかなり日は高かったのですが、火を焚き炭を熾しBBQ!天上さんの羊肉美味しかったです!スーパーで買った肉や野菜もなかなかの美味さ、やっぱり自然の中で食べるとより美味く感じます。

食べて飲んで普段ではありえない時間に轟沈、それぞれのテントにもぐりこんで就寝。
食材とかほぼ出しっぱなしな物もあった気がするのですが、かなり酩酊してるので、気にせずレッツ爆睡!
…しかし、このことが翌朝の悲劇(というか喜劇?)になろうとは…。

引っ張ってもアレなんで、明けて翌朝。

日の出後位から外でカラスが五月蝿いなぁ…位には寝ぼけながら思ってたんですが、出しっぱなしにしてた食料...食パン1斤、ジャッキーカルパス1袋、チリトマトヌードル1個、少なくともこれだけもっていかれましたw

カラス許すまじ!w
みなさまもキャンプで就寝の際は食材はきっちりしまってから寝たほうがいいですよw

なので、朝食は今回こそは「ベーコン入りスクランブルエッグのホットサンド」を作ろうと思っていたのですが、単なるスクランブルエッグ…ではなく、昨夜の余りのキムチも入れて「ベーコン、キムチ入りスクランブルエッグ」になりました。

ほか、幸い焼きそば用の食材はクーラーボックスのおかげで保護されていたので、作って食べることが出来ました。
スクランブルエッグもヤキソバもおおむね好評のようで嬉しかったです!


食後は一休みして、七代の滝を見に行きました。
これが距離的には大したことないのですが、急斜面を登ったり下ったり、足を踏み外したらちょっと危険が危ないところを通ってゆきます。
サイズ的には小さめな滝ですが、岩肌をえぐって流れ落ちる水に自然のダイナミックさを感じずにはいられません。

滝見物の後、小休止して撤収準備。
名残惜しくはありますが、粛々と片付け荷造り。野営地を後にしました。

山を降りてちょっと走ったところにある野営地に程近い温泉「瀬音の湯」ですっきりさっぱり、疲れた身体に温泉は良いですねぇ…。
温泉を堪能し一路帰路へ。非常に充実した“なにもしないをする”1泊2日でした。

今回はこんな感じ。

写真:上左 荷降ろしした状態。軽自動車一台とはいえ、バイクとは比べるべくもない物量

写真:上右 寝床のテントほぼ設営完了。天上さんはしっぱりペグまで打ち込正統派

写真:下左 焼肉始め!先ずは炭火で輪切り玉葱とウィンナー、そしてジンギスカン!

写真:下右 七代の滝。落差はさほど高くないものの、岩の侵食具合はかなり深い滝でここの有様がダイナミック

MT-09 慣らし完了!

ファイル 319-1.jpgファイル 319-2.jpgファイル 319-3.jpg

新愛車MT-09の慣らしもいよいよ大詰め。
残りおよそ100kmとなりました。

とりあえず100km消化するだけなら山中湖まで行って帰ってくればいいのですが、それだけだとマンネリに過ぎるので、久々に秋川渓谷御岳山方面へ。

今月終わりのほうで久しぶりの野宿をする予定なので、現地の現状確認を兼ねて行って来ました。

現場は舗装林道を上がっていったところ。一部砂利舗装のフラットダートでしたが、以前来たときよりも全般的に路面コンディションは良くなってました。
なんせゆっくり走ったとはいえ、MT-09でも何の問題も無くたどり着けました。
普通に乗用車(四輪)でも大丈夫。

まぁ、むかしエボIIIでも行った事あるしw

現地でしばし小休止。

この時点で、引き返して帰宅すればトータル100km消化だったんですが、ちょっと物足りなかったので、道志方面に足を伸ばすことに。

高尾から大垂水峠を抜けて、相模湖から道志道へ。大垂水ほぼ下りきったところで、トータル1000km達成!

ここからはガンガンAモードでぶん回すぜ!…ということもなく、スタンダードモードで流していきます。
今日は道志道も行きは若干空いてたんですが、Aモードはまだ怖くて解禁できませんでしたw

道の駅どうしで休憩後帰路へ。
宮ヶ瀬経由で夕食用の惣菜パンを求めてオギノパンへ。
相変わらず盛況で、店内には入れたものの店頭の外の売り場は長蛇の列、小さな子供は走り回るわで、おちおちベンチでおやつのチョコデニッシュもゆっくり食べてられないので早々にほおばって出発という有様。
致し方なし。

今日はライダーも大勢来店してて、自分が来た時点でバイク用駐輪場はいっぱいだったのですが、直後に7~8台のグループが来店して警備員の人があわてるといった一幕もw

今回の道志道はフルに往復できませんでしたが、3ヤエーもらえたので足を伸ばした甲斐がありましたW


ちなみに、今回のツーリングに先立って、ナップス港北店に修理に出していたRAM3が修理完了。
左右のディフューザーが割れてみっともないことになっていたんですが、完全復活!
メーカー認定のアライプロショップでは補修部品として店頭で買えるパーツ以外の部分の修理を請け負ってくれるのです。
左右あわせて¥9000↑だったのですが、限定品のペイントモデルが修理してもらえるのですから、これはありがたい!


今回はこんな感じ。

写真:上左 秋川渓谷御岳山方面某所にて

写真:上右 同、逆方向から

写真:下 割れていたディフューザー復活、新品みたい!

今回の走行距離:S 約905km>G 約1105km・全行程 約200km

MT-09 ライト・チューン

ファイル 318-1.jpgファイル 318-2.jpgファイル 318-3.jpgファイル 318-4.jpg

いよいよ慣らし終了までもうちょっととなった新愛車MT-09。
手始めに最初のチューンとして、ライト・チューンをしてみました。

とりあえず気になる部分は2つ。

ヘッドランプとポジションランプ、この2つが赤っぽい電球色系で温かみはあるもののなんともレトロな雰囲気。

ポジションランプはたまたまストックで持っていたスタンレーのSL11という6500kクラスの2個セットを持っていたのでこれに交換。
純正ポジションランプに比べて頭の部分が大きなモデルだったので、ちゃんと合うか不安でしたが、問題なく取り付けられました。

ヘッドライトはPIAAのエクストリーム・フォースに交換。かなり白青くなりました。

ここいらへんは自己満足の世界ですが、ヘッドライトのバルブ交換はハイワッテージ化しているので、実際にも明るくなっているはず。
まだ、交換してから実走してないので今後確認します。

ライト関係ではあとはウィンカーをLED化したいところですが、この辺はおいおいやっていこうかと。


他にドレスアップやら追加したいものとしては、フロントスクリーン、タンクパッド、サイドバッグ。

スクリーンは純正のでもいいんだけど、出来れば段のついてないつるっとしたタイプが欲しいのです。
タンクパッドはせっかくのタンクのラインが見えなくなってしまうので透明の物が欲しいですね。
サイドバッグは純正アクセにラインナップされてるあれで良いです。

ともあれ、早く試走に行きたいところですが、今日は夜勤明けだし、明日の休みは雨予報だしで、ちょっといかんともしがたい感じです。

今回はこんな感じ。


写真:上左 PIAAのバルブ、使用前(ポジションランプは交換済)

写真:上右 同、使用後

写真:下左 ポジションランプ スタンレーSL11

写真:下右 ヘッドライト・バルブ PIAA MB40 H4 エクストリーム・フォース

ツーリング・箱根~山中湖方面へ

ファイル 317-1.jpgファイル 317-2.jpgファイル 317-3.jpgファイル 317-4.jpgファイル 317-5.jpg

今日もこの好天を有効活用すべく新愛車MT-09の慣らしツーリングに出発。

やや遅めの10時半過ぎに出発。基本ノープランだったのですが、とりあえず箱根方面へ。

ルートは圏央道・海老名から東名を横切る感じで小田厚に乗り一路箱根方面へ。覆面や白馬王子に会わないよう気をつかいつつ、そこそこ気持ちのよい速度で流す。

ターンパイクに行こうと思ったのですが、何ぞのイベントで貸切、一般には閉鎖なので入口を通過したところで一夜城址への案内看板が。
せっかくなのでとりあえず立ち寄ることに。

石垣山一夜城址は城こそ無いもののその基礎の石垣が残る山城址で、本丸、二の丸などの跡が展望台だったり広場だったりになっており、ピクニックの家族連れやらで予想外にそこそこ賑わってました。

一夜城址を後にしとりあえず旧道七曲から芦ノ湖へ。土曜とはいえ、サンドラ大量発生で何所行っても、まぁマイペース過ぎな車ばかり…まったりペースで芦ノ湖到着。

フェリー乗り場前にバイクを停めて、そろそろ午後1時という頃合で昼飯をとろうとお店を探す。
一昨年の総火演へ行った折、マコヅマ氏に連れて行ってもらった蕎麦屋に行こうとしたら店の前に何人か並んでて入るのにかなりかかる感じだったので、残念ながら今回はパス。

同じ通りに並ぶ名称不明の洋食屋(表には甘味処とだけ書いてある)に入って見ました。表にあっ

た看板のオムライスの写真が美味そうだったので。
たしか「ドライカレーのふわとろオムライス」だったかな?これがなかなかに美味でした。
名前の通りふわとろ半熟卵の中にはピリ辛のドライカレー、卵の周りにはデミグラスソースが。
よくあるチキンライスもいいのですが、こういったスパイシーなほうがボリュームあっても最後まで飽きずに食べられます。
芦ノ湖行ったらまた行きたいですね。怪我の巧妙的良い発見でした。

一休みを終え、とりあえず帰りは道志経由でヤエー!を頂いて帰ろうかとw
ここで、気になったのは御殿場で渋滞があるであろう事。
山中湖に出るには通常素直に進めば御殿場経由なんですが、手前で迂回して、富士スピードウェイ方面から三国峠を越えるルートなら渋滞は無い、峠の道も楽しめるということでそちらから道志道を目指すことに。

目論見通り渋滞とは無縁に道志道に出れました。しかも、道中三国峠やパノラマ台からの富士山の眺めは素晴らしかったです!春には珍しくかなりくっきり見えました。

道志道に入ってからはまぁいつもの良くある週末のペースで進行。時間をあまりかけたくなかったので道の駅をスルーして宮ヶ瀬までノンストップで。
途中6~7ヤエー!あげたりもらったりw
これがあるから週末の道志はサンドラいても走っちゃうんだよね。

ちなみにオレンジのMT-09とすれ違ったときはテンションMAX!でした!

今日はそろそろ時間的にも押してきてるということで、ふれあいの館はスルーしてオギノパンへ。
前回のツーリングでは混雑が激しく長蛇の入店待ちだったので、店頭販売のアンパンを買ったのみでした。
久しぶりにカツサンドとか惣菜パンが欲しかったので、立ち寄ってお買い物。今日は繁盛してたとはいえ、いつもくらいの平和な混み具合でした。おやつ休憩用のアップルパイ他計4点をお買い上げ~。

休憩後はほぼまっすぐ帰路へ。最後に自宅近所のGSで給油をし18時過ぎごろ帰宅。
今回はソロだったのですが、箱根周辺の下見の一環も兼ねつつとても楽しかったです。


今回はこんな感じ。

写真:上左 石垣山一夜城跡。本丸跡より相模湾を望む

写真:上右 同展望台から小田原城を望む。正に目と鼻の先です

写真:中左 芦ノ湖湖畔にて

写真:中右 三国峠付近より

写真:下 パノラマ台から富士山と山中湖。他所の車が邪魔だか致し方なし

今回の走行距離:S 約670km>G 約870km・全行程 約200km

ツーリング・道志~富士山ツーリング

ファイル 316-1.jpgファイル 316-2.jpgファイル 316-3.jpgファイル 316-4.jpgファイル 316-5.jpg

先日GW後半の初日。新愛車MT-09でのツーリング3回目にして久し振りにてんじょうさんとのツーリング!
氏は先日TMAX530 BLACK MAXを購入されたということで、ダブル慣らしツーとなりました。

ルートとしてはうちに天上さんが来ていただいてそこから出発。
県央部を横断し県道60号へ、土山峠越えて北上し宮ヶ瀬へ。やまびこ大橋渡り、宮ヶ瀬界隈の定番スポットを見ていただくという意味もあり、ふれあいの館で小休止。

この時点で午前8時30分前後、オギノパンによると言うのが今回の裏目的でもあったのですが、開店までまだ1時間ほどあるということで、オギノパンは後で寄ると言う事にして、とりあえず道の駅どうしを目指します。

一応の目的地として、道の駅どうし~山中湖まで出て時間をみて須走り・ふじあざみラインで富士山・五合目を目指すというものでした。
てんじょうさんの当初の希望として、渋滞を避ける為に15時頃に東名・東京料金所を通過したいということで、道中の渋滞具合によっては富士山までは厳しいかも?と思ってはいたのですが、「せっかくだし」ということで登ってきました。

道志道はさすがに連休の影響でゆっくりペース。ところにより若干渋滞。それでもなんとか道の駅どうしには入れたので、豚串など食べて休憩。

しばし休んで再出発、山伏峠手前からかなり前が詰まってきましたが、無事山中湖に到着。ここでは特に休憩等はさまずまずは須走へ。
須走から出ている「ふじあざみライン」は比較的素直な線形で進行方向的にまっすぐに五合目を目指します。結構コーナリングの基本的な練習に向いているワインディングロードだと思います。

後続との距離に注意しつつコーナリング時の姿勢、荷重のかけ方、コーナー脱出時の加速のかけ方などを意識しつつ登っていきます。
MT-09の特徴として名前の由来とも言えるトルクの太さがあるので、コーナリング時にあまり積極的に突っ込んでいかなくても脱出時の加速で十分早くクリアできる感触があります。
車重バランスとワイド&アップなハンドルのおかげでコーナーの侵入でも素直にスッと入っていけます。
ラフにならないように意識しつつアクセル開けていくと、じわじわでなくスパッと加速がついてくるので、この感覚は気持ちいいです!

今回はまだ慣らしなんで、Aモード封印でスタンダードモードで走りましたが、それでもスロットルの入力に対するレスポンスに不満が無いくらいだったので、もっと積極的に突っ込めば相当早く走れるようになる予感でいっぱいです。
現時点では「Aモードで走ったらどうなってしまうんだ!?」というくらいw

五合目で小休止後下山したのですが、特に何も無いと思っていたのですが、お土産屋とかもあったらしく、気づいたのは走り始めてからだったので、そのまま下山してしまったのですが、次に来たときには立ち寄ってみようと思います。

この時点で若干時間的に押してきつつあったので、復路は道の駅どうしに立ち寄らず、遅い昼食をとりために「スパゲッティーの青山」へ。久しぶりに来てみたけど繁盛しているようです。テラス席は下の沢のせせらぎが良いBGMです。

遅い昼飯を済ませ、店の看板犬と看板ぬこにひとしきり戯れてからオギノパンに向け出発。
オギノパンについたものの、工場直営店は連休でものすごい混雑!店内に入るのにかなりな列です。正直店内狭いので、入場規制で少人数づつ入れ替え制にしていたのですが、何時は入れるかも分からない状況だったので、店頭販売していたアンパンを買って撤退。
若干燃焼不良な感じもしましたが、なにはともあれてんじょうさんが初オギノパン体験できてよかったです!

オギノパンを後に一旦うちまで帰還。艦これ談義でひとしきり休憩しててんじょうさんが帰路へ。
とっても楽しく充実した一日となりました。


今回はこんな感じ。

写真:上左 MT-09AとTMAX530 BLACK MAX

写真:上右 てんじょうさん@ふれあいの館

写真:中左 道の駅どうし

写真:中右 ふじあざみライン五合目にて。ちょっとガス強し

写真:下 「…」「こっち見んな!」

今回の走行距離:S 約380km>G 約605km・全行程 約225km