記事一覧

ツーリング・箱根~山中湖方面へ

ファイル 317-1.jpgファイル 317-2.jpgファイル 317-3.jpgファイル 317-4.jpgファイル 317-5.jpg

今日もこの好天を有効活用すべく新愛車MT-09の慣らしツーリングに出発。

やや遅めの10時半過ぎに出発。基本ノープランだったのですが、とりあえず箱根方面へ。

ルートは圏央道・海老名から東名を横切る感じで小田厚に乗り一路箱根方面へ。覆面や白馬王子に会わないよう気をつかいつつ、そこそこ気持ちのよい速度で流す。

ターンパイクに行こうと思ったのですが、何ぞのイベントで貸切、一般には閉鎖なので入口を通過したところで一夜城址への案内看板が。
せっかくなのでとりあえず立ち寄ることに。

石垣山一夜城址は城こそ無いもののその基礎の石垣が残る山城址で、本丸、二の丸などの跡が展望台だったり広場だったりになっており、ピクニックの家族連れやらで予想外にそこそこ賑わってました。

一夜城址を後にしとりあえず旧道七曲から芦ノ湖へ。土曜とはいえ、サンドラ大量発生で何所行っても、まぁマイペース過ぎな車ばかり…まったりペースで芦ノ湖到着。

フェリー乗り場前にバイクを停めて、そろそろ午後1時という頃合で昼飯をとろうとお店を探す。
一昨年の総火演へ行った折、マコヅマ氏に連れて行ってもらった蕎麦屋に行こうとしたら店の前に何人か並んでて入るのにかなりかかる感じだったので、残念ながら今回はパス。

同じ通りに並ぶ名称不明の洋食屋(表には甘味処とだけ書いてある)に入って見ました。表にあっ

た看板のオムライスの写真が美味そうだったので。
たしか「ドライカレーのふわとろオムライス」だったかな?これがなかなかに美味でした。
名前の通りふわとろ半熟卵の中にはピリ辛のドライカレー、卵の周りにはデミグラスソースが。
よくあるチキンライスもいいのですが、こういったスパイシーなほうがボリュームあっても最後まで飽きずに食べられます。
芦ノ湖行ったらまた行きたいですね。怪我の巧妙的良い発見でした。

一休みを終え、とりあえず帰りは道志経由でヤエー!を頂いて帰ろうかとw
ここで、気になったのは御殿場で渋滞があるであろう事。
山中湖に出るには通常素直に進めば御殿場経由なんですが、手前で迂回して、富士スピードウェイ方面から三国峠を越えるルートなら渋滞は無い、峠の道も楽しめるということでそちらから道志道を目指すことに。

目論見通り渋滞とは無縁に道志道に出れました。しかも、道中三国峠やパノラマ台からの富士山の眺めは素晴らしかったです!春には珍しくかなりくっきり見えました。

道志道に入ってからはまぁいつもの良くある週末のペースで進行。時間をあまりかけたくなかったので道の駅をスルーして宮ヶ瀬までノンストップで。
途中6~7ヤエー!あげたりもらったりw
これがあるから週末の道志はサンドラいても走っちゃうんだよね。

ちなみにオレンジのMT-09とすれ違ったときはテンションMAX!でした!

今日はそろそろ時間的にも押してきてるということで、ふれあいの館はスルーしてオギノパンへ。
前回のツーリングでは混雑が激しく長蛇の入店待ちだったので、店頭販売のアンパンを買ったのみでした。
久しぶりにカツサンドとか惣菜パンが欲しかったので、立ち寄ってお買い物。今日は繁盛してたとはいえ、いつもくらいの平和な混み具合でした。おやつ休憩用のアップルパイ他計4点をお買い上げ~。

休憩後はほぼまっすぐ帰路へ。最後に自宅近所のGSで給油をし18時過ぎごろ帰宅。
今回はソロだったのですが、箱根周辺の下見の一環も兼ねつつとても楽しかったです。


今回はこんな感じ。

写真:上左 石垣山一夜城跡。本丸跡より相模湾を望む

写真:上右 同展望台から小田原城を望む。正に目と鼻の先です

写真:中左 芦ノ湖湖畔にて

写真:中右 三国峠付近より

写真:下 パノラマ台から富士山と山中湖。他所の車が邪魔だか致し方なし

今回の走行距離:S 約670km>G 約870km・全行程 約200km

ツーリング・道志~富士山ツーリング

ファイル 316-1.jpgファイル 316-2.jpgファイル 316-3.jpgファイル 316-4.jpgファイル 316-5.jpg

先日GW後半の初日。新愛車MT-09でのツーリング3回目にして久し振りにてんじょうさんとのツーリング!
氏は先日TMAX530 BLACK MAXを購入されたということで、ダブル慣らしツーとなりました。

ルートとしてはうちに天上さんが来ていただいてそこから出発。
県央部を横断し県道60号へ、土山峠越えて北上し宮ヶ瀬へ。やまびこ大橋渡り、宮ヶ瀬界隈の定番スポットを見ていただくという意味もあり、ふれあいの館で小休止。

この時点で午前8時30分前後、オギノパンによると言うのが今回の裏目的でもあったのですが、開店までまだ1時間ほどあるということで、オギノパンは後で寄ると言う事にして、とりあえず道の駅どうしを目指します。

一応の目的地として、道の駅どうし~山中湖まで出て時間をみて須走り・ふじあざみラインで富士山・五合目を目指すというものでした。
てんじょうさんの当初の希望として、渋滞を避ける為に15時頃に東名・東京料金所を通過したいということで、道中の渋滞具合によっては富士山までは厳しいかも?と思ってはいたのですが、「せっかくだし」ということで登ってきました。

道志道はさすがに連休の影響でゆっくりペース。ところにより若干渋滞。それでもなんとか道の駅どうしには入れたので、豚串など食べて休憩。

しばし休んで再出発、山伏峠手前からかなり前が詰まってきましたが、無事山中湖に到着。ここでは特に休憩等はさまずまずは須走へ。
須走から出ている「ふじあざみライン」は比較的素直な線形で進行方向的にまっすぐに五合目を目指します。結構コーナリングの基本的な練習に向いているワインディングロードだと思います。

後続との距離に注意しつつコーナリング時の姿勢、荷重のかけ方、コーナー脱出時の加速のかけ方などを意識しつつ登っていきます。
MT-09の特徴として名前の由来とも言えるトルクの太さがあるので、コーナリング時にあまり積極的に突っ込んでいかなくても脱出時の加速で十分早くクリアできる感触があります。
車重バランスとワイド&アップなハンドルのおかげでコーナーの侵入でも素直にスッと入っていけます。
ラフにならないように意識しつつアクセル開けていくと、じわじわでなくスパッと加速がついてくるので、この感覚は気持ちいいです!

今回はまだ慣らしなんで、Aモード封印でスタンダードモードで走りましたが、それでもスロットルの入力に対するレスポンスに不満が無いくらいだったので、もっと積極的に突っ込めば相当早く走れるようになる予感でいっぱいです。
現時点では「Aモードで走ったらどうなってしまうんだ!?」というくらいw

五合目で小休止後下山したのですが、特に何も無いと思っていたのですが、お土産屋とかもあったらしく、気づいたのは走り始めてからだったので、そのまま下山してしまったのですが、次に来たときには立ち寄ってみようと思います。

この時点で若干時間的に押してきつつあったので、復路は道の駅どうしに立ち寄らず、遅い昼食をとりために「スパゲッティーの青山」へ。久しぶりに来てみたけど繁盛しているようです。テラス席は下の沢のせせらぎが良いBGMです。

遅い昼飯を済ませ、店の看板犬と看板ぬこにひとしきり戯れてからオギノパンに向け出発。
オギノパンについたものの、工場直営店は連休でものすごい混雑!店内に入るのにかなりな列です。正直店内狭いので、入場規制で少人数づつ入れ替え制にしていたのですが、何時は入れるかも分からない状況だったので、店頭販売していたアンパンを買って撤退。
若干燃焼不良な感じもしましたが、なにはともあれてんじょうさんが初オギノパン体験できてよかったです!

オギノパンを後に一旦うちまで帰還。艦これ談義でひとしきり休憩しててんじょうさんが帰路へ。
とっても楽しく充実した一日となりました。


今回はこんな感じ。

写真:上左 MT-09AとTMAX530 BLACK MAX

写真:上右 てんじょうさん@ふれあいの館

写真:中左 道の駅どうし

写真:中右 ふじあざみライン五合目にて。ちょっとガス強し

写真:下 「…」「こっち見んな!」

今回の走行距離:S 約380km>G 約605km・全行程 約225km

ソロツーリング・ウェットテスト?

ファイル 315-1.jpgファイル 315-2.jpg

新愛車MT-09でのツーリング2回目!

今日は雨との予報だったのですが、時間ごとの予報では夕方~日没くらいからの降雨ということのようなので、矢も立ってもたまらず出発!

出来れば降られる前に帰りたいので早めに帰る予定で。

出発、即給油。10ℓ少々入れて前回からのデータと共に「ヤマハつながるバイクアプリ」に入力したところ、210km走って燃費は20.5km/ℓ。スペック表のWMTCモード値よりも良いスコアなので、大満足というか出来すぎなくらい?

「げんつき」の聖地、相模大野から住宅街を抜けて相模縦貫道・相模原愛川へ。その手前の農地に菜の花畑発見!目に留まったのでちょっと立ち寄る。
広い農地の中にぽつんと見えたんですが、実際に行ってみるとけ覆い広い敷地にびっしり、思ったより背の高い菜の花が咲いてました。
せっかくなので写真撮ったのですが曇天だったのが残念!

中津工業団地を抜け中津川を渡り北上、角田大橋渡り県道54号へ。R412から宮ヶ瀬・北岸へ、今日もふれあいはスルーして旧ヤマザキから道志道へ。
ふれあいは一昨日よりはバイクも車も少なかったですね、バイクはせいぜい駐車スペースの50~60%くらい?。

連休でサンドラ大増殖で、キャラバン状態の道志道に辟易しながらも、慣らしだしまぁいいかで何とか道の駅どうし到着。
久し振りに、どうしポークカレーが食べれた。

すでに道の駅手前からポツポツ・パラパラ来てたんですが、休憩してたら若干降りが強まってきたので、引き返すことに。

宮ヶ瀬方面まで戻ってきたのですが、相変わらず曇天ながら雨が止んだのに気をよくして裏ヤビツへ突入!距離ももうちょっと稼ぎたかったですし。


しかし、結果的には宮ヶ瀬から大人しく帰っておいたほうが良かったかも!w

裏ヤビツに入ってしばらく、また雨が降り始め、進むにしたがって徐々に強くなり、菜の花台の辺りでギブアップ。小休止かねてレインウェアを装着しました。

あとは名古木からR246で帰路に。東名に乗るには雨がぱらつく中高速走行するのがちょっと怖かったので、下道で帰ることを選択。

路面が濡れているところではBモードで走行し何とか無事帰宅。

ヤビツではパワーをもてあますかと思ってましたが、雨天の為Bモードで低速走行してたので、初めての雨だったので緊張はしたものの特にこれといった不便は無かったですね。
晴天時ならもうちょっとスピード出るでしょうから別方向で気をつかった運転が求められるでしょうが。
もっとも、スロットルレスポンスは、スタンダードモード以上では自分のタイミングにばっちり追随してくるし(Bモードでも実際そんなに悪くは無い)、前後のサスはかなりよく出来ていて、荒れた舗装面でも追従性が良い。
雨の日にわざわざ走りたくは無いんですが、不安なく走れることはよく分かりました。


今回はこんな感じ。

写真:左 菜の花畑にて

写真:右 濡れ鼠状態

今回の走行距離:S 約220km>G 約380km・全行程 約160km

ソロツーリング・ちょっと富士山へ

ファイル 314-1.jpgファイル 314-2.jpgファイル 314-3.jpgファイル 314-4.jpgファイル 314-5.jpg

いよいよ今日から新愛車MT-09でのツーリングが始まります!
先ずは慣らしということで1ヶ月で1000km目安でまったり行こうかと。

いつもよりは早く起きることが出来たのですが、出掛けに「そうだ、ナビのマップデータの更新来てたな…」とも出だしたのが今回は余計だったかも。
出発が一時間遅くなり、いつもと大して変わらない時間の出発にw
とりあえずは一番穏やかなBモードで発進。

とりあえず給油した惰性でR16をいつものごとく北上。ほぼ惰性で一路宮ヶ瀬を目指す。
とちゅういつもなら利用できる高田橋前のショートカット(狭い急傾斜の九十九折道)と志田峠は使えないので、なんとも新鮮な感じ。

今回はふれあいをパス、ものすごい数の車とバイクで停められそうに無い感じだったので。
旧ヤマザキから道志道へ、とりあえず道の駅どうしを目指す。
…やっぱりここも超満員!バイク駐車スペースもほぼ満車で停められず。
正確には停められるスペースに陣取ってだべってる連中が他所でだべっててくれたら駐車できたのだが…。
やむなく、道の駅どうしをそのまま停まらず出発。山中湖を目指すことに。

山中湖についてすぐにある7-11でやっと小休止。店内のトイレはなかなか開かないので、店裏手にある観光案内所のトイレを使うことに。
というか、コンビニの真裏に観光案内所があったなんて、初めて知りました。

この後の行動予定も特に決めてなかったのですが、この観光案内所に貼ったあったポスターを見て「花の都公園」にいってみることに。ポスターによれば例年この時期から一面チューリップが咲いているのを見れるらしい…というので、山中湖を反時計回りで走りはじめる。
車両感覚にもなんとなくなれてきたこともあり、ここからはスタンダードモードで出発!

途中せっかく富士山がよく見えるので撮影の為小休止。雲が切れるまでもうちょっとだけ待てばよかった。

んで、花の都公園に行ってみたらチューリップはまだ咲いてないようだし、駐車場は有料だったので、若干瀬古行きがするものの撤退。
この時点で結構時間的に押し気味になってきたが、ここで「そう言えば富士山の五合目までの全3ルートが開通したっけな」というのを思い出し、先ずは富士山スカイラインの新五合目を目的地に設定。

…したのですが、結構空腹がつらくなってきた(この時点で午後2時過ぎ)ので道の駅すばしりで休憩。
豚丼を食す。結構美味かったけど、正直値段の割には肉が少ない気が…。

ひとごこちついて再出発、の前に道の駅に設置されている周辺地図を見る。
富士山スカイラインまで行かずとも、五合目まで富士山を登れるルートに気がつく。この須走から出ている“ふじあざみライン”というルートがあったのです。すっかり忘れていました、というか、初めて走る道です。
まっすぐな登りからワインディングへ、高度が上がるにつれ路面が荒れてきて、気がつくと道の両サイドに1mは越す雪の壁が!道理で薄ら寒かったわけです。
今思えば、グリップヒーターも試しとけばよかった。

ふじあざみラインの五合目はほぼ登山客のためだけのような場所で、未舗装の駐車場はあるものの新五合目みたいな売店などの施設はありませんでした。
でも、これはこれで眺めは素晴らしいしこちら方面来たらまた来てもいいかな、と。

ここで、今日はそろそろ帰還の時間、帰りはETCのテストも兼ねて御殿場から東名で帰宅。
事故等で混んでいたものの、そこはそれまぁなんとかかんとか前進して6時ごろには無事帰宅。

噂に聞いていた仕様とはいえ気になったのはメーターの燃料計。
携帯の充電表示みたいに、フルで6コマあるのは走るごとに徐々に減っていくんですが、フルから最初のコマが消えるまでは結構長いんですが、残3コマから最後のコマになるまでは異常に早すぎ!
タンクの内部構造の問題ではあるんですが、この最後のほうの急激な減り具にはちょっとびっくり。
それでも、自宅までは無給油で帰ってこれたので、特に問題は無いかな。

MT-09の実質的な処女走行でしたが、とても楽しくなしってこれました。
トルクの太いスロットルレスポンスの良いマシンにして、なんと言っても両爪先が着くという安心感!
ハンドリングも素直でワインディングなどでは自分の腕が上がったかのような錯覚を覚えることもありました。
文句無くいいマシンです!

え?シートが薄い?
WR250R乗りには全然余裕ですw(帰路途中では痛くなってきてましたが…)


今回はこんな感じ。


写真:上左 MT-09Aツーリング仕様(暫定版)

写真:上右 同リアビュー

写真:中左 山中湖畔にて

写真:中右 ふじあざみライン五合目にて

写真:下 同五合目から下界を見下ろす


今回の走行距離:S 約10km>G 約220km・全行程 約210km

『新しいマシンが戦列に加わりました!』

ファイル 313-1.jpgファイル 313-2.jpg

サブジェクトは艦これ風に読んでいただくと感じが出ますw

冗談はさておき。

本日、ニューマシンMT-09Aを某YSP店で受領してきました。

実は今日は夜勤明けで、かつ風邪ひき中でもあり、コンディションはあまり良いとはいえなかったんですが、風邪薬と栄養ドリンクのドーピングで何とかもたせてました。
ライジャケをバックパックに詰めヘルメットをトートバックに入れ電車でお店の最寄り駅へ向かう。

一通りの説明を受け、残金を支払い、晴れてMT-09Aを受領!
実車に触れつつ「今日からオマエは俺の相棒だ!」…なんて内心で言ってみたりw

もちろん、縁起物なんで店頭での納車式もしていただきました。店長さん、整備の皆様ありがとうございました!


新たな愛車での初めてのツーリングは家路。今日のところはBモードで無事帰宅が目標。
とはいえ、やっぱり…と道程の残1/4位はスタンダードモードにしてみましたが、どうにかうまくやっていけそうな感触。

そして無事帰宅して玄関前で記念撮影。
夜になってからNSR50に着けていたサインハウスのナビマウントを外して移植。シートバックも固定してとりあえずはツーリングに出かけられる準備が整いました。

明日は早速慣らしを兼ねて出かけます。


今回はこんな感じ。

写真:左 特徴的なエアインティークと角ばったタンク、前傾したエンジンは3気筒

写真:右 シートもシンプルで上部構造は徹底的に軽量化(もちろん他の箇所もだけど)
     ウィンカーがウルトラセブンに出てきた宇宙人に似てる気が...w


今回の走行距離:S 約0km>G 約10km・全行程 約10km