記事一覧

ソロツーリング県道35号・リニア見学センターへ

ファイル 295-1.jpgファイル 295-2.jpgファイル 295-3.jpgファイル 295-4.jpg

先日、24日。前々からちょっと気になっていた山梨県都留方面へソロツーリングに行ってきました。

ルートは一旦宮ヶ瀬に出て、牧馬峠から山間を縫って秋山温泉郷近くの県道35号線へ。

この県道35号線はいわゆる裏道志と呼ばれる道で、道志道(国道413)と国道20のほぼ丁度中間を上野原・都留間を結ぶ県道だ。
この道沿いにはJRのリニア実験線が通っていて--大半は山腹を貫くトンネルだが--地上に露出している部分の一部を見ることができる。

今回も昼に自宅を出発という遅いスタートだが、14時過ぎには無事リニア見学センターに到着。
もっともその日は残念ながら施設は休館日で、中の見学はできなかったものの、展望広場という高台から施設のほぼ全様は見てきました。
自分以外にも何人かの見学者はいましたが、まったりのんびり、ドライブのついで的な雰囲気でしたねw

撤収しようと駐車場に向かう途中、ある老夫婦に「何時ごろに(リニアモーターカーが)走るか判ります?」と聞かれましたが「そっち(鉄道関係)方面詳しくないので、判りません…」と答えておきました。うん、見れるもんなら見たかったのは確かですけどね。

ちなみに、この見学広場、更に上に登ることができます。見学広場には頑丈な金網が設置されているんで施設を撮影しようにもこの金網が邪魔でうまく撮影し難いんですが、斜面に設けられた階段を上がると金網の上からの眺めで撮影が可能です。ニュース映像なんかでよくみるアングルはたぶんこの辺でしょう。
折角なのでこの小高い丘をてっ辺まで登ってみたのですが、めちゃくちゃ疲れました。山歩きってこんなに大変だったけ?というくらい。
もっとも非常に急角度な斜面ではありましたが…。

一応の目的は達したので、今度は都留から道志道に抜ける県道24号線を走り一路、道の駅どうしへ。
この道ですれ違ったモンキーのライダーに1ぺこりもらいました。一応こちらもぺこりしました、たぶん間に合ったはずw

道の駅どうしでは遅い昼飯ということで、“ふるさとうどん(だったかな?)”を食べました。具にクレソンが乗ってるだけでなく、うどんにもクレソンが練りこんであり、一見すると太い蕎麦みたいな感じ。
味はまぁ、ふつー。不味くはないんですが、取りたてて美味い!ってこともなく。
微妙な時間だったし帰路の走りに影響させたくなかったんで、軽く食べたいという目的にはジャストな選択だったので。

もっとも、うどんに関しては昔高松で食べた本場の讃岐うどんの美味さが忘れられず--更に記憶の美化も追加で--満足するに足るものにはなかなかお目にかかれないですねw

道の駅どうしで十分休んだ後は、一路宮ヶ瀬へ。オギノパンで惣菜パンを買い、あと、半原のメガ・ソーラーもみてみたかった為です。

半原のメガ・ソーラーは役所のサイトならその写真が載ってるんですが、ぐぐるマップだとまだ更新来てないですね。
実物はメガという程の規模ではないようですが、それでも結構な広さです。んがしかし、うまい具合にこの全様を納めるアングルが見つからず、写真はなしですw

この半原以外にも、牧馬峠から県道35号に抜ける県道517号の途中の山中にも太陽光発電施設がありました。いきなりだったんでちょっとびっくりしました。自分の記憶によれば去年同じところを通ったときにはまだ影も形も…だったんで、かなり最近に出来たんじゃないかと。

この界隈まだまだ走り飽きないですね。
これを打つ為にぐぐるマップ見ててもまだ走ったことのない山道がいっぱいです。
寒さが本格化する前に出来るだけ走りに行きたいものです。


今日はこんな感じ。


写真:上左 今回の愛車WR250R。すっかり旅人仕様

写真:上右 リニア見学センター駐車場にて。平日で休館日なのでガラガラ

写真:下左 TVなんかでよく見る感じのアングル。機材かついで登るのはかなり大変よ?

写真:下右 オギノパンの横断幕。新しくなってました


今回の走行距離:S 約8360km>G 約8525km・全行程 約165km

ソロツーリング神戸岩探訪・鋸山越え

ファイル 294-1.jpgファイル 294-2.jpgファイル 294-3.jpgファイル 294-4.jpg

先日、14日。久し振りに奥多摩湖方面へソロツーリングに行ってきました。

ルートは一路高尾を越え陣馬街道へ、盆掘林道経由で桧原街道出て北秋川・神戸に向かい神戸岩へ。
神戸岩を一通り見学したら、そのまま鋸山林道を登って山頂付近で小休止。そのまま下ってR411青梅街道に出て奥多摩湖へ。
帰路はほぼそのまま帰ってきました。

今回初めて走ったのは鋸山林道。ぐぐるマップを見ていて神戸岩の写真を見て見に行ってみようと思ったのが発端。
実際、神戸岩は写真でみるよりも実物を見なければその規模・迫力は恐らく伝わらないでしょう。
非常に大きな岩盤が川の浸食によって削られ深い渓谷になっているんですが、こればっかりは文字通り筆舌に尽くしがたいというか、機会があれば是非に実物を見ていただければと思います。

ひとしきり神戸岩を見た後は鋸山を登っていきます。基本車一台分ちょいぐらいの幅の舗装林道で、所々苔の生えた山道です。鋸山山頂付近の公衆トイレのあるポイントで小休止、ここにあった道案内の看板は非常に多くの周辺登山道や山道の情報が多く、今後の林道探索に役立ちそうです。

奥多摩湖に出て、水と緑のふれあい館で遅い昼食。きのこのカツ丼を食べる。確か前回も同じものを食べた気がする。
ここのレストランは一番早く出てくるメニューはそば・うどん系、次にカレー系。カツ丼なんかは結構出てくるまで待たされます。参考までにw

往路はほぼ終始小雨に見舞われましたが、奥多摩湖では日差しも出て、帰りは雨に降られず帰れました。
天気はあまり良くなかったですが、楽しく走ってこれました。

今日はこんな感じ。


写真:上左 神戸岩。入口前の碑。

写真:上右 同侵入して奥よりの辺り。

写真:下左 同、中間付近にある祠。

写真:下右 鋸山山頂付近。丁度雲がかかっていて霧が出ているような状態。


今回の走行距離:S 約8195km>G 約8360km・全行程 約165km

道志・山中湖経由小田原ソロツーリング

ファイル 293-1.jpgファイル 293-2.jpgファイル 293-3.jpgファイル 293-4.jpg

今日、9日久し振りにちょっと長めのソロツーリングに行ってきました。

ルートは自宅を出発、宮ヶ瀬経由で道志~山中湖~三国峠・明神峠~足柄峠~小田原城~帰宅。

割とよく走ったことのある道と、初めて走る道を組み合わせての実は行き当たりばったりなルート。
出発から三国峠・明神峠まではしょっちゅう行くまたは数回は行ったルート。
そこから先は足柄、小田原、西湘バイパス降りるまではバイクでは初めてでした。

特に足柄峠は今回完全初めてで、なかなか走り甲斐のある楽しい峠道でした。
小田原城は特に行きたいというわけではなかったんですが、R246や東名、小田厚などの内陸のルートを避け、一旦海を目指すということでの中継ポイント設定です。
最も城内の外からですが、小田原城を見るというのは実は初めてでした。今度は城内を見学するのもいいかも。

そこからは帰路という事で、時間節約の為に、西湘バイパスに乗り、そのままR1へ。
平塚からR129に乗ったものの、R246に入りド渋滞に巻き込まれたくなかったので、相模縦貫道の東側を走りちょっとR246に乗りつつも裏道を乗り継いで帰宅。

楽しかったことは確かなんだけど、WR250Rは250ccオフ車としては早いんだけど、所詮は250cc、シフトのせわしなさとかやっぱり距離走るなら大型のほうが楽だよなぁとか感じたり。

そろそろ、大型車の試乗なんかに回ってみようかねぇ、とか思ったり。

今日はこんな感じ。


写真:上左 三国峠にて。雲の為、結局富士山は拝めず。ここで小休止、コンビニで買ったおにぎりモグモグ。

写真:上右 同三国峠のススキの原。もう秋の気配。

写真:下左 小田原城を裏手より。

写真:下右 帰宅直前で「げんつき」二巻第9輪で登場した「水島酒店」に寄った、閉店してました。瓶コーラ飲めなくて残念!沙耶っちと詩ちゃんが間接キスしたお稲荷さん(だったかな?)は店の斜向かいだったのね。


今回の走行距離:S 約8025km>G 約8195km・全行程 約170km

祝ヤビツ仮開通!

ファイル 292-1.jpgファイル 292-2.jpgファイル 292-3.jpgファイル 292-4.jpgファイル 292-5.jpg

先日、16日に裏ヤビツから崩落の修復箇所を見に行ったのですが、すでに仮復旧しているということで、早速ヤビツを走ってきました。

表の方から入って、宮ヶ瀬に抜け、オギノパンによって休憩。
志田峠を通って相模川に沿って下り、猿ヶ島にちょっと寄って帰宅。

久し振りに表からヤビツ峠を抜けようと思ったので、一路秦野を目指すのですが、終始R246下るのは所々ん渋滞がストレスだし、旅情に賭けるので、微妙に外しつつ裏道を探りつつ走りました。
大山の付近で大山に向かい、秦野サーキットに入り、R246をショートカットし一気にヤビツへ。

山の中を走るのは気持ちいいです!涼しいし空気も綺麗。

珍しくヤビツ峠の売店のところで小休止し、工事箇所を見学して宮ヶ瀬まで抜けて、今日はふれあいはスルーしてオギノパンへ。

復旧はかなり先になるんじゃないか?と思われていたヤビツ峠ですが、予想外に早く仮復旧しました。
現状は仮橋がかけられ、何とか車一台が通る幅が確保されています。
本格的な復旧はまだ先のようですが、これだけの短期間でここまで仕上げてくれた工事会社の皆さんに感謝です。

オギノパンではいつもはチョコ系の物をおやつに食べるんですが、今日は塩バニラデニッシュもぐもぐ。隠し味の塩が利いてるバニラ風味のホイップクリームが美味しかったです。

帰路は定番の志田峠を通り、相模川に沿って南下。川沿いの県道より更に涼しいかな?と期待して猿ヶ島まで土手沿いを走る。気温的には大して違わないのかもしれないけど、気分的には普通に県道を走るより気持ちよかったです。

16時過ぎごろには帰宅、冷シャワーを浴びて風呂上りに缶ビールを一本!気温もマフラーも暑くて大量に汗をかいた身体に染み渡る感じです!夏はつい暑くてバイクに乗るのが遠のくけど、これは夏ならですね。

今日はヤビツの仮復旧を確認しただけですが、牧馬峠も片側車線制限で仮復旧してたようです。これから涼しくなってきたら、またちょくちょく走りに行きたいですね。

今日はこんな感じ。

写真:上左 ヤビツの売店。実は初めて停まった。

写真:上右 崩落箇所の仮復旧箇所、裏ヤビツ側より。幅は車一台分。

写真:中左 ヤビツ表側より。

写真:中右 崩落箇所の下ではまだまだ絶賛工事中!

写真:下  仮の土留めの上で作業しています。本格復旧はまだまだ先の様。


今回の走行距離:S 約7925km>G 約8025km・全行程 約100km

久し振りに宮ヶ瀬方面・裏ヤビツへ

今日16日、実にほぼ2ヶ月ぶりにWRで走ってきました。
今回は座架衣橋からすぐの猿ヶ島へ寄ってから、宮ヶ瀬→裏ヤビツへと行って帰ってきました。

猿ヶ島というのは、知る人ぞ知る民間の有志の方々によって保全されているダートコースです。
コースとはいっても河川敷にできた獣道的なもので、しかしその規模はなかなか広いというものでした。
以前から噂は聞いていたんですが、意外と近くにあったんですが、今回始めて実際に見てきました。

今回は一応現地確認みたいなもんで、軽くザックリ走ってみました。結構大きめの丸い石が敷き詰められている状態--砂利敷きの道で石粒の大きさが5~10倍くらいになったという感じでしょうか--で普通に走っていても滑りやすい路面状態でした。
基本空気抜いて走らないとダメでしょうね。何せ道が複雑に入り組んでいるので、普通に走るだけでも面白いかも、とりあえずもう何回かは足を運ぶことでしょう。

猿ヶ島からそのまま河川敷を遡上し、昭和橋手前で県道に復帰。そのまま高田橋まで川沿いを行き、三増から志田峠を抜けふれあいの館で小休止。
その後、裏ヤビツから例の崩落現場の様子を見に行きました。
残念ながら写真は取れませんでしたが、かなり速いペースで復旧中で、仮橋だけど近日中に再開通するとのことでした。(このテキストを打ってる8月24日ではすでに仮橋が開通したとのことです)
開通したらまた見に行くつもりです。

裏ヤビツを引き返し、久し振りのオギノパンでおやつ休憩。平日とはいえ夏休みで家族連れも多く、休憩もそこそこに撤収、帰路へ。

帰りがけに今日のもう一つの重要なミッションの為YSPに寄る。
9月にヨーロッパでリリースされるヤマハの新車MT-09(http://www.yamaha-motor.eu/eu/products/motorcycles/mt/mt-09.aspx)の情報を得るためです。
結論から言うと、何も目新しい情報は得られなかった。
社長の言うには、メーカーの営業マンにもギリギリまで情報は伏せられていて、「メディアに発表→一般に知れる」のと同じタイミングじゃないと、販売店でも情報は降りてこないとのこと。
トラブル防止のため致し方ない措置なんだとのことですが。まぁ、しょうがないですね。

せっかく4月末に大型二輪免許取ったわけですし、夏コミの終わったことでもあるので、そろそろ大型バイクの試乗なんかに回りたいわけです。
もともとは大型Ninjaに乗りたくて二輪免許取ったわけですが、今現時点ではストリート・ファイター系のミドルクラスにご執心。

ヤマハの新型3気筒エンジン搭載モデル第一弾のMT-09は非常に興味ある一台なのです。
具体的な情報が、もっといえば実車に触れるのが待ち遠しいです。


今日はこんな感じ。


今回の走行距離:S 約7845km>G 約7925km・全行程 約80km